≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!


絹100%
長さ13.2m(八掛部分4mを含まず) 内巾37.5cm
白生地には、トップブランド伊と幸の「松岡姫」、
唐織地紋の国産最高級ちりめん地を用いております。
反物を引き出した瞬間に…
ふわぁっと、心染まるほどに魅了される色無地。
現代のお着物シーンに装っていただきやすいものだからこそ、
「お色へのこだわり」と「絹地のクオリティ」が、一層問われる時代となりました。

絹の頂点、伊と幸・松岡姫。
どなたがご覧になられてもひと目でよきものと分かる、生地そのものの風格。
なんとかその良さを最大限に活かしつつ、今、
この時流の中で装う全ての女性に「心よりおすすめできるお色目を」と、
弊社にて一から染め出しをお願いいたしました。

農作物に恵まれた山形県の庄内地方。
養蚕にとっても恵まれた風土には、蚕の育成に必要な条件が備わっております。
粒ぞろいで均一、汚れや不良が少ない、上質な糸。
なかでも「松岡姫」は最高品質の品種であり、
天女の羽衣にたとえられる、極上の絹として知られております。

その上質な絹糸を用いて、南天の地模様が唐織にあらわされました。
「難を転じる」意でも良きいわれを持つ、伝統のお柄ゆき。
少しの所作や光の加減でふうわりと浮かび上がる…
細かすぎず大きすぎない、控えめな気品に満ち満ちております。

そして、お染め。

京の中心、昔ながらの染めこうばにて、
完全なる手技・伝統の「引き染め」にて仕上げております。

色無地の染め方には「炊き染め(=浸染)」と「引き染め」がありますが、
一般的なのは炊き染めで、熱した染液にドボンと反物を浸して染めつけます。
対して、本品で行われている引き染めは、一面を刷毛で染め上げる技法です。

反物の両端を張り木ではさんで引っ張り、
反物の耳と耳に、伸子(しんし)を等間隔に引っ掛けて巾を一定にする。
そして、一反13m強にわたり、染め職人さんの長年の勘と経験のみに頼り、
丁寧に刷毛をすべらせて染め上げてゆく…
どちらがコスト高か、おのずとお分かりいただけましょう。
少しでもムラになってしまえばすぐに難モノとされてしまいますから、
その染めは、まさに真剣勝負。
その日その日の湿度等によっても染め通りは常に変化し、
本当に、熟練の職人技を必要とする染め技法なのです。

そこまで引き染めにこだわったのは、ただただ「美しい色」を出したいから。
こういった透明感あるお色はなかなか、炊き染では実現できません。

やわらかな葉をそっとしだれさせる柳の葉裏のような…
おだやかに優しい、浅緑色。
絹地本来のつやめきが生きる薄色に仕上がりました。
ご年代や季節を問うことのない、自信作でございます。

お値段を厭わなければ、いくらでも良いものはございます。
ですが、現実的にお求めいただきやすいお値段で、最高の品質を。
それが、みなさまの「装う喜び」につながると信じています。
略礼装のお着物としてはもちろん、
上質で仕立ての良いスーツや軽やかに美しいワンピースのように、
日常に愛される一枚をお届けできればと願っております。
ぜひとも一度、お手にとってご覧くださいませ。
お仕立ご希望の場合、
湯のし1,080円+※胴裏4,860円~+お仕立代19,500円(全て税込)で承ります。
・海外手縫い価格です。国内手縫い価格につきましては、お問合せ下さい。

※堅牢染め・本加賀など、染めのしっかりした御着物への抜き紋入れには、
 堅牢抜き代4,320円(税込)が必要となります。



※胴裏の価格について
※紋入れについて
※身丈について
商品加工をご要望の場合
(湯のし)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

[2G026171W]-[TP:林]-[PS:長洲]-[CH:長瀬]-[文責:長瀬]-[1202016]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

≪伊と幸・松岡姫≫正絹京手引染色無地八掛付国産唐織地特選品「南天・裏葉柳」★きもの市場オリジナルの自信作!

↑このページのトップへ